2007年01月07日

月咲く夜

天窓のほうから、仄かに。
甘い馨が、聴こえて参りました。
誘われるように、お布団から、抜け出しますと
お月様が、咲いておりました。

おおきい、木耳のような、葡萄の葉っぱ。
濃紫色の、葉っぱの、だらり。
垂れ下がる、深林で、ゆるり。
矢子は、手を伸ばしました。

ばうんがるぼぁんぶぁん。ばうんがらぼぁんぶぁん。
そんな、手触りでした。

影が、跨ぐことの無い、蔓の、あらり。
歩いておりますと、ふらり。
落ちております、ぽつり。
矢子ママが、囁きました。

ばうんがるぼぁんぶぁん。ばうんがらぼぁんぶぁん。
そんな、耳触りでした。

そろり。お布団に、帰りましょう。でも
矢子の、お布団は、消えて了ったようです。
ふわり、また。夜が、舞降りて
お月様が、咲く迄。矢子は、此のまま。

ばうんがるぼぁんぶぁん。ばうんがらぼぁんぶぁん。
夢を、み続けよう、と、思いました。
posted by 矢子 at 09:34| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 矢子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

花月相聞 '07冬

2006年11月08日付「花月相聞 '06冬」から、この記事へ引き続きます。
posted by 二健 at 18:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 交換日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
_________________________________________
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。