2006年09月25日

雲龍

二健様、プロデュースの
矢子の園。

ブログという、お屋敷。
幾つもの、お部屋。
此処彼処、きょろきょろり。
あたらしい、お星様に、舞降りたような
心持ちで、きょう。
日記帳の一頁目を、開いてみました。

漉餡色の背景に、牛皮色の文字。
黄身餡のような、お月様。
薄の穂は、綿飴のように、ふわりふわ。
導かれて、矢子は
あまい、あまい雲のうえ。

とても、素敵な、眺めです。

雲龍を食べたいな、と、思います。
京観世を食べたいな、とも、思います。

とても、しあわせな、秋の夢です。


        ☆


二健様の、お写真に映った猫様の、思し召し。
猫様に、二健様に、こころから感謝致します。
今後も、矢子の成長を、お見守り下さいますよう
どうぞ、宜しくお願い致します。





___________________________

俵屋吉富 雲龍  http://www.kyogashi.co.jp/main1.html
鶴屋吉信 京観世 http://www.turuya.co.jp/frm/idx_frm.htm


【関連する記事】
posted by 矢子 at 20:40| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 矢子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
矢子様。
よくぞ龍の背で天狗奴にしっかりしがみついて
付いて来てくれました。目的の星に到着です。
初めての記事書き、おめでとう。
この星の、このお屋敷は矢子姫のものです。
どうぞご自由にお使いあそばせ。
記事とコメント、縦横無尽に飛び交いましょう。

(文字がちょっと小さすぎるかな、直るかどうか
いつかきっと調べてみます)
Posted by 二健 at 2006年09月26日 05:55

二健様、こんばんは。

コメント。
大変、有り難く、頂戴致しました。

先程。
ミクシの、プロフィールの欄に
こちらの、お屋敷への扉を
構えてみましたので、ご覧下さい。

文字のおおきさ。
もうすこし、おおきいと、お目目を
いじめずに、済みます。でも
このままのほうが、お庭の風景に
美しく、溶け込んでいる模様です。
二健様に、お任せ致します。

雨が、とんとん。ぱしゃぱしゃ。
矢子の窓辺で、歌っております。





Posted by yaco at 2006年09月26日 17:49
矢子様、こんばんは。
オレンジ色のトップページ拝見しました。
結構なお手前で、恐縮します。
此方と彼方に橋が架かりました。
八百万の神々が、
行き来して賑わうことでしょう。

文字の大きさちょっと大きくしました。
スタイルシートの文字記号だらけの
ソースを弄るので、まかり間違うと
めちゃめちゃになる危険な作業です。
そこは禁断の園です。禁断弄りは、
暇な時に落ち着いてやるのが、
宜しいようで…。
暫くこのままで行きましょう。

雨が降り続いております。
秋霖ですね。
Posted by 二健 at 2006年09月27日 00:48
二健様、こんにちは。

いま、すこし前までは
泪を溜めて、踏ん張って居た、お空。
溢れて、矢子の町は、土砂降りです。
長靴履いて、レインコート。
傘を深く傾けて、出掛けて参ります。

文字のおおきさ。
禁断の園での、お作業。
美事に、成し遂げて頂き
ありがとうございました。
おおき過ぎず、ちいさ過ぎず
とても、素敵です。
Posted by yaco at 2006年09月27日 12:15
矢子様、こんにちは。

今日も雨で、てるてる坊主の出番です。

CSSという禁断の園での独り秘め事。
毒性果実を探して、もいだり挿げ替えたり。
荊ばかりで怖くもありますが、
達成感冥利を求めて、再度踏み込みました。
薮蚊や犬ダニ猫ノミどもが待ち構えていて、
騙すのに手間取りました。
やっとなんとか、修理して帰ってまいりました。
更に読み易く書き易くなったと思います。
黒板の横幅も広げることが出来ました。
過去ログの題辺りも整理しました。
区切りの点線---------を入れたいところですが、
手間がかかりますので、ずーっと後回しにします。
では、一先ず禁断の園には封印をしておきます。
Posted by 二健 at 2006年09月27日 13:19

二健様、こんばんは。

てるてる坊主様。きょうは
たかい、たかいお空に
薄い、雲たちが、ふわり、ふわり。
爽やかな、晴れ日になりました。
洗濯物が、ひらり、ひらり。
嬉しそうに、舞っておりました。

禁断の園への、再挑戦。
ご多忙なところ、恐縮しております。
危険を冒すのは、もう、お止めにして
ごゆっくり、お身体を、お休め下さい。

「花月相聞」
色も、かたちも、素敵な、お名前が
付きました。ありがとうございました。
白い花びらに囲まれた
黄色い、雄しべと、雌しべ。
「猫縁応酬」と、「花月相聞」。
小豆色の背景に、大変、美しく
咲いております。



Posted by 矢子 at 2006年09月28日 18:26
立冬の11月7日も過ぎ、8日未明に
「花月相聞 '06冬」という題を
記事として書き込みました。
そして、題の大きさを大きくしました。
色はメタルブルーに変えてみました。
それと、コメントの背景を色違いにして
みたかったのですが、うまくいきません
でしたので、そのままです。
Posted by 二健 at 2006年11月09日 07:41

二健様、おはようございます。

お屋敷の、模様替え。
冬支度。ありがとうございました。

きらきら。メタルブルーの、標札を
暖かい、お炬燵のなかから
眺めております。

コメントの背景。矢子は
このままが、大変、気に入っております。
素朴な感じが、とても、素敵です。

今後も、どうぞ、宜しくお願い致します。



Posted by 矢子 at 2006年11月14日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24410444
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
_________________________________________
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。